副業はリモートワークでもできる?おすすめの仕事5選と探し方、注意点を解説!

コロナの影響でリモートワークが定着しつつある現在「リモートワークの副業」に興味を持っている人もいるでしょう。

「リモートワークでできる副業があるならやってみたい」ということもあれば「副業をしたいけど、リモートワークでないと求人自体がない」という業種もあるかと思います。

どちらのケースでも「リモートワークの副業にはどのような仕事があるか」「どう探せばいいか」などの点に興味があるでしょう。

ここでは、上記の情報を含めてリモートワークの副業について詳しくまとめていきます。

読んでいただくことで、自身のニーズにぴったりと合ったリモートワークの副業を、探しやすくなるでしょう。

この記事を読んで分かること
  • 副業はリモートワークでもできるのか
  • 副業でできるリモートワークのジャンル
  • リモートワークの副業の探し方
  • リモートワークの副業おすすめ5選
  • リモートワークの副業を始める際の注意点

最初に結論を書くと、リモートワークでできる副業は多くあります。

しかし、いずれも高いスキルが必要か、スキルが不要なら低単価という条件になります。

このため、お金を稼ぐことが目的であれば、リモートワークの副業の中でも「できるだけ稼ぎやすいビジネス」を選ぶ必要があります。

そういった稼ぎやすいビジネスは、下のサイトで詳しく紹介しています。

当サイト「副業倶楽部」一押しのビジネスなので、ぜひ詳しい内容をリンク先で確認していただけたらと思います。

ビットの公式サイトはこちら

\今話題の副業!/

副業はリモートワークでもできる?

副業はリモートワークでもできる?

副業はリモートワークでも問題なくできます。

具体的にどのような仕事ができるかは、これから紹介していきます。

特におすすめの仕事を先に知りたいという人は、下のサイトのビジネスを確認していただけたらと思います。

スマホ1台を使って、1日5分などの隙間時間から稼げるという内容です。

当サイト「副業倶楽部」が自信を持っておすすめするビジネスなので、ぜひ安心してリンク先をチェックしてみてください。

ビットの公式サイトはこちら

\今話題の副業!/

副業でできるリモートワークのジャンル

副業でできるリモートワークのジャンル

副業でこなせるリモートワークのジャンルは多くあります。

ここでは、その中でも代表的なものを5つ紹介していきます。

スマホ副業

スマホ副業は、スマホ1台を使って稼げるビジネスです。

ここ数年バブル状態になっており、一時期の仮想通貨のように稼ぎやすい仕事として評判になっています。

スマホが苦手な人なら、タブレットやパソコンでも稼げます。

そのスマホ副業の中でも一番稼ぎやすいビジネスは、下のサイトのものです。

「リモートワークの副業で効率的に稼ぎたい」と思っている人は、ぜひチェックしてみてください。

ビットの公式サイトはこちら

\今話題の副業!/

Webライティング

サグーワークス

Webライティングは、上の画像のサグーワークスを含め、以下のようなクラウドソーシングで請け負うのがおすすめです。

  • Shinobiライティング
  • ランサーズ
  • REPO
  • クラウドワークス
  • CROWD

仕事内容はWebサイトやブログで使用する文章を書くというものです。

Webライティング技能検定などの資格もあり、こうした資格も持っていると能力をアピールできます。

他のリモートワークの副業よりも未経験から仕事を獲得しやすいのも特徴です。

データ入力

東京都ビジネスサービス

データ入力は主にEXCELに多数のデータを入力する仕事です。

上の画像の「東京都ビジネスサービス株式会社」なども、データ入力のアウトソーシングの仕事を、リモートワークも含めて請け負っています。

こうした、半ば公的な第三セクター企業でも、データ入力の仕事が多くあるということですね。

一般的には、データ入力もやはりクラウドソーシングから始めるのが簡単です。

単価は安くなるものの、未経験でも引き受けやすいため、実績作りに最適といえます。

秘書業務

オンラインアシスタント

近年はオンライン秘書という仕事が登場しており、秘書業務もテレワークでできるようになっています。

上の画像の「ビズアシスト」のように、「オンラインアシスタント」という新しいサービスも生まれています。

オンライン秘書の場合、下のような業務を請け負います。

  • 秘書業務
  • 経理・総務・人事の業務
  • Web関連の業務

通常の秘書業務をこなすのはもちろんですが、それに加えて、経理や人事などのバックオフィス業務が入るというのが特徴です。

Web関連の仕事については、ホームページの更新やSNSの運用などを行います。

在宅秘書・オンライン秘書として働くのであれば、下のような資格があるとさらに有利といえるでしょう。

  • 秘書検定(1級~3級)
  • 国際秘書検定(CBS)
  • ビジネス文書検定
  • ビジネス実務マナー検定

秘書検定は、公益財団法人・実務技能検定協会が主催しているもので、もっとも信頼性が高いものです。

国際秘書検定は一般社団法人の運営ですが、それでも英語能力が加わる高いレベルの資格として、知名度があります。

他の2つの資格についても、取得しておくことでよりオンライン秘書の仕事を請け負い安くなるでしょう。

デザイン

SKIMA

デザインの仕事も、リモートワークで行いやすい副業の一つです。

もともと、社内デザイナーでない普通のデザイナーは、昔から在宅で仕事をしていたものです。

ファッションデザイナーなどは別ですが、Webデザイナーは「自宅で仕事をするのが普通」だったんですね。

街のホームページ制作屋さんをイメージするとわかりやすいでしょうが、あれは要するに「テレワーク」なのです。

(個人商店のような形式ではありますが、形としてはテレワークなんですね)

そのように、元々テレワークと相性がいいのがデザイン業です。

そのデザイン業ですが、実績がない状態で仕事を受けるには、資格があると有利です。

まず、デザインの総本山であるアドビが関わる資格では、下のようなものがあります。

  • Illustratorクリエイター能力検定試験
  • Photoshopクリエイター能力検定試験
  • アドビ認定エキスパート

そして、ホームページ制作に関わる資格では、下のようなものがあります。

  • ウェブデザイン技能検定
  • HTML5プロフェッショナル認定資格
  • PHP技術者認定試験
  • WEBクリエイター能力認定試験

意外かもしれませんが、ウェブデザイン技能検定は国家資格です。

実務経験のハードルがある分、合格率は下記のように高くなっています。

3級 73.7%
2級 49.7%
1級 81.8%

1級の合格率の高さに驚くでしょうが、これは実務経験7年という受験資格があるためです。

「2級取得後2年」でもいいのですが、おそらく、長年デザイナーとしてやってきた人なら「実務経験7年」の方で申し込む方が簡単でしょう。

そして、7年デザイナーとして生計を立てていたら、国家資格の1級に8割の確率で合格するのも当然といえます。

(翻訳家が英検1級を受けるようなものですからね)

このため、実務畑でずっとやってきた人には、意外にいきなり1級を取れる国家資格なのです。

デザインをできる人は、ぜひ受けてみるといいでしょう。

Webデザインの中でも、HTMLとPHPをそれぞれ専門とする資格が、「HTML5プロフェッショナル認定資格」と、「PHP技術者認定試験」です。

特にPHPの資格があるとワードプレスのテーマを根本からいじれる(CSSのように枝葉でない)という点も有利です。

Webクリエイター能力検定試験は、HTML・CSS・Java Scriptを使用するものです。

実際のWebサイトの制作ではこの3つを使うことがほとんどであるため、もっとも総合的かつ実践的な試験といえるでしょう。

その他のデザインの資格では、下のようなものもあります。

  • 色彩検定
  • カラーコーディネーター検定試験
  • DTP検定
  • CGクリエイター検定

色彩検定は公的資格で、カラーコーディネーターは民間資格です。

どちらも知名度が高いものですが、国家資格により近いものは、色彩検定といえるでしょう。

DTP検定は印刷物のデザインに関するもので、特に印刷系のデザインの仕事で役立ちます(逆にWebデザインとは直接関係ありません)。

また、最近はYouTubeなどでCGの仕事も増えているので、CGクリエイター検定の資格が役立つ場面も多いといえるでしょう。

こういった資格を持っておくと、未経験の状態からでもデザインのリモートワークを受注しやすくなります。

リモートワークの副業の探し方

リモートワークの副業の探し方

リモートワークの副業の探し方は主に3つあります。

ここでは、それらの3つの方法を詳しく解説していきます。

クラウドソーシングに登録する

ビズシーク

もっとも簡単でおすすめの方法は、クラウドソーシングに登録することです。

クラウドソーシングは、上のビズシークやクラウディアのようにややマイナーなサイトも含め多数あります。

大手の方が案件は当然多いため、最初はクラウドワークスかランサーズから始めるのがいいでしょう。

主婦の女性であれば、Shufti(シュフティ)もおすすめです。

その他建築系デザイン専門のクラウドソーシングの「スタジオアンビルト」など、高度に専門家したサービス・サイトもあります。

各企業の求人に直接応募する

それぞれの企業で、リモートワークのスタッフを募集していることもあります。

たとえば、ZOZO子会社のZOZOテクノロジーズは、もともとフルリモートのスタッフを多く採用しています。

他にも、サイボウズなどの副業を解禁している会社も、やはり副業としてリモートワークで参加するスタッフを多く募集しています。

ある程度実績や資格があり、能力を証明できるのであれば、こうした企業の求人に直接応募してみるのもいいでしょう。

SNS・知人経由で紹介してもらう

TwitterやFacebookなどのSNSや、知人の直接の紹介によって仕事をもらう方法もあります。

リモートワークで難しい信頼関係の構築が最初からしやすいというのがメリットです。

信用してもらいやすい反面、人間関係のしがらみができる(たとえば合わなくてもやめづらい)などのデメリットもあります。

最終的に自由に仕事を選ぶには個人に備わったスキルも必要ということを理解しておきましょう。

上記のような方法で、リモートワークの副業を探すことは可能です。

しかし、どの方法にしても「難しい」と感じる人はいるでしょう。

そうした方に、当サイト「副業倶楽部」では下のサイトのビジネスをおすすめしています。

スマホ1台を使って誰でも簡単に稼げるビジネスなので、ぜひリンク先で詳しい内容を確認してみてください。

ビットの公式サイトはこちら

\今話題の副業!/

リモートワークの副業おすすめ5選

リモートワークの副業おすすめ5選

リモートワークの副業でおすすめできるものは多数あります。

この段落では、それらの副業の中でも特におすすめのものを5つ紹介していきます。

ビット

ビット

ビットは、スマホの画面をタップするだけの単純作業で、誰でも稼げると評判のビジネスです。

特に稼げる人の場合は月収100万円を超えることも珍しくありません。

公式サイトを見ると、実際に稼いでいる方々の体験談を多く見られます。

1日5分などの隙間時間から取り組めるので、忙しい人もぜひ下の公式ページで詳細を確認してみてください。

ビットの公式サイトはこちら

\今話題の副業!/

Everyday

Everyday

Everydayは、まず日給1万円を安定して稼げるようにし、その後毎日1万円を継続し、月収30万円を目指すというノウハウです。

基本的な仕事内容は動画を撮影してアップロードするものになります。

参加して1円でも稼げなかった場合は、全額返金保証を受けることもできます。

あなたが撮影した動画を、Everydayが1本最大5万円で買い取ってくれるという内容です。

このような保証もあり、安心して取り組めるビジネスなので、ぜひ下の公式HPで詳しい情報をチェックしていただけたらと思います。

セレクト

セレクト

セレクトは、働く時間や仕事量を自由に選べるリモートワークの副業です。

月収10万円程度のお小金稼ぎのレベルなら、多くの人がすぐに達成できます。

さらに稼ぐ人は、本業顔負けのレベルで月収50万円・100万円と稼いでいます。

非常に稼ぎやすいリモートワークですが、スマホ1台でできる簡単な内容なので、ぜひ下のリンク先で詳細をご覧いただけたらと思います。

マネーバンク

マネーバンク

マネーバンクは老若男女の世代や性別を問わず、スマホ1台で稼げるリモートワークの副業です。

最短30秒で終わるような簡単な作業で、日給10万円を稼ぐこともできます。

セレクトやビットなどと同様、月収100万円を超える人も存在します。

稼いだ報酬は翌日に銀行口座に入金され、即金性も高いビジネスなので急ぎでお金が必要という人にもおすすめです。

どこでもビジネス

どこでもビジネス

どこでもビジネスは、名前通り「どこでも取り組めるビジネス」で、働く場所を自由に選べるテレワークの特性がとりわけ強い副業です。

ヤフーもテレワークの取り組みとして「どこでもオフィス」という内容を盛り込んでいますが、それに近いネーミングだといえるでしょう。

某人気アニメをモチーフにしたデザインで、某主人公と同じく「知識・スキルがない」という人でも稼げる、秘密道具のようなビジネスです。

1日10分程度の軽作業でも稼げるので、ぜひ下のリンク先で詳細をチェックしてみてください。

リモートワークの副業を始める際の注意点

リモートワークの副業を始める際の注意点

リモートワークの副業をスタートさせるときには、注意すべき点が多くあります。

ここでは、それらの注意点でも主なものを2つ解説していきます。

細かなコミュニケーションに配慮する

よく言われることですが、メールやチャットなどのWebでのコミュニケーションは、お互いの真意が伝わりにくいとされます。

まったく怒っていない場面でも怒っているように見えてしまうなどのケースがしばしばあるわけですね。

「音声で話せばいい」と思うかもしれませんが、やはり音声でも対面で話すときのような表情や身振り手振りはありません。

そのため、音声通話でも完璧なコミュニケーションはやはり取れないのです。

ではスカイプやZoomのようなオンライン会議ツールを使えばいいかというと、やはりこれも限界があります。

一番リアルに近いものではありますが、いわゆる本気の話し合いになったとき、やはりWebの画面越しでは伝わりにくいオーラというものもあるでしょう。

そこまでの話し合いが必要になるテレワークというのも、副業では少ないかもしれません。

ただ、何にしてもテレワークが通常の対面のコミュニケーションより配慮を必要とすることは確かです。

公私の区別をしっかりつける

リモートワークをしていると、公私の区別がつきにくくなります。

仕事の終わりという明確なラインがなく、いつまでも仕事をしてしまうということです。

逆に、休憩の終わりも明確にできず「いつまでも休んでしまう」ということも、しばしば起こりえます。

こうした自己管理は専業フリーランスの多くが超えるべき壁なのですが、副業でもそれは同じです。

むしろ副業の方が訓練をする時間が短い分「なかなか慣れない」ということも多いでしょう。

このように難しいリモートワークの副業ですが、簡単に働ける仕事もあります。

下のサイトで紹介するビジネスは、自宅にいながらスマホ1台でできる簡単なリモートワークです。

当サイト「副業倶楽部」が最もおすすめする副業なので、ぜひリンク先で詳細を確認していただけたらと思います。

ビットの公式サイトはこちら

\今話題の副業!/

【まとめ】副業はリモートワークでできる?

【まとめ】副業はリモートワークでできる?

副業はリモートワークでもできます。

しかし、多くの人が働きたがるリモートワークは、競争も激しいものです。

そのため、リモートワークの中でもできるだけ人に知られておらず、競争がなくて稼ぎやすいビジネスを選ぶことをおすすめします。

そのような稼ぎやすいリモートワークの副業は下のサイトで詳しく紹介しています。

スマホ1台を使って、1日5分などの隙間時間から稼げるという内容なので、ぜひリンク先で詳細を確認していただけたらと思います。

ビットの公式サイトはこちら

\今話題の副業!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です